データ入力の内職って稼げるの?仕事内容や始め方についても解説します

自宅でできる副業は色々とありますが、最近はデータ入力の内職が人気を博しています。
データ入力はパソコンさえあれば誰でも簡単に始めることが出来るので、内職の中でもかなりハードルは低いと言えるでしょう。

本日はデータ入力の内職のメリットや報酬相場などについて解説します。

データ入力の内職ってどんなことをするの?

データ入力の内職の仕事内容は、簡単にいうと資料や伝票をExcelやWordにまとめていく作業です。
例えば以下のような仕事があります。
会議や講演などの録音データの文字起こしや、会社の売り上げの入力、通販の出品作業の代行などが挙げられます。

入力する内容を自分で考える機会は少なく、依頼された通りに入力をするだけなので、パソコンさえあれば誰でも簡単に始められる仕事です。
主にクラウドワークスなどで募集しており、そういったルートで始める方が多いでしょう。

どんな人が向いているの?

誰にでもできる仕事ではありますが、向き不向きはあります。
データ入力の内職にはどんな人が向いているのでしょうか。

淡々と作業をこなすことができる人

工場のライン作業のように単純作業になることが多いです。
単純作業はミスが起こりやすいと言われていますし、集中力も切れやすいでしょう。
この単純作業が苦にならず、淡々と作業をすることが得意な人は向いているかもしれませんね。

丁寧に作業ができる人

単純作業なので集中力が切れてミスが起こりやすくなります。
人間なので誰でもミスは起こりますが、あまりにもミスが多いと修正や再作成になりますし、依頼主の信頼を失います。
したがって、丁寧に作業ができる人が向いているでしょう。
丁寧な作業が求められるので、いくら作業が早くても適当にやってミスが多い方は向いていません

データ入力の内職、報酬相場はどれくらい?

データ入力の内職でどれくらい稼げるのか解説します。

まず、内職ではなく一般企業に勤めて出勤してデータ入力のアルバイトをする場合は、時給は概ね1000円ちょっとになることが多いです。

一方内職でデータ入力を行う場合は時給制ではなく「仕事一件」に対する報酬となることがほとんどなので、効率を求めるなら何よりもタイピングの速さが肝心です。

一般的な報酬相場を時給換算するとこちらも1000円ちょっとになることが多いようですが、どれだけ作業効率を上げるかによって同じ時間作業をしても稼げる金額が変わってくるので、タイピングが早い方だと時給3000円になる場合もあります。

仕事一件に対する報酬ということでやればやった分だけ稼げますから、タイピングに自信のある方は会社勤務ではなく在宅の方が稼げるかもしれませんね。

データ入力で注意すべきこと

誰にでもできる仕事ではありますが、いくつか注意すべきことがあるので解説します。

ミスに注意!

当たり前ですが、誤字脱字には注意が必要です。
作業効率を考えるとタイピングは早い方がいいのですが、いくら早くでもミスばかりだと無意味です。

万が一やり直しや修正が必要になると余計な工数が増えてかえって効率が悪いので、タイピングは速さよりも正確さを意識しましょう。
急がば回れ、です。

情報の管理を徹底する

データ入力の内職では、業務の特性上依頼主の企業の様々な情報が手に入ります。
データの保管場所や管理を徹底するのはもちろんのこと、業務上知り得た情報を外部に情報を漏洩させたり、当然ですが自身で悪用しないようにしましょう。

データ入力の内職未経験者は単発案件がおすすめ!

データ入力の内職には、「長期継続案件」と「単発案件」の2種類があります。

長期継続案件は安定して稼げるという点ですが、万が一データ入力の内職が合わないと感じた場合でも途中で辞められません。辞めてしまうと報酬が支払われない事がほとんどです。

一方、単発案件は1回限りの仕事とはなりますが、もし合わないと感じたらその1回きりで辞めればいいので、内職としてやるのであれば気が楽ですよね。

簡単な作業といえども、同じことを繰り返すだけの作業は合わない人にはとことん合いません。
自分に合っていると思っていざ始めてみるとダメだった、という事も十分に考えられます。

データ入力の内職を始めるなら、まずは単発案件から始めるのがおすすめですよ。

データ入力の内職を始めるには

ここからはデータ入力の内職の始め方や準備すべきものについて紹介します。

準備しておくべきもの

まず当たり前ですが、PC、最低でもスマホは必須になります。
案件の中にはPCがないと受注すらできないものがあるので、PCは必須と思っていてよいでしょう。
更に、データ入力を作業を行う上で、エクセルやワードも必要になります。
あらかじめ使い方を知っていたり、挙動に慣れておくと作業の効率も上がるでしょう。

データ入力の内職の始め方

最も一般的なデータ入力の内職を始める方法は、クラウドソーシングサイトへの登録です。

作業を始める準備ができたら、早速クラウドソーシングサイトに登録します。
クラウドソーシングサイトは、複数の会社に登録することができます。
ただし、単発案件で実績を重ねていき信頼を得る事を考えると、初めの頃は1社に集中した方がいいでしょう。
その会社の信頼を得ることで、受注する案件が増えたり単価が上がることもあります。
尚、登録する際の料金は無料ですが、作業報酬受け取りの際にサイト利用料が差し引かれます。この手数料を差し引かれた後の報酬額も考慮して案件を選びましょう。

まとめ

本日はデータ入力の内職について解説しました。

単純作業なので人によっては合わない場合や、やりがいを感じにくい仕事ではあるものの、その分特別なスキルは必要なく、パソコンがあれば誰でも始める事ができる内職です。

隙間時間に自宅でできるというのもおすすめポイントです。
気になる方はクラウドソーシングサービスの登録から始めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP