リンクジュースの仕組みとSEO対策に欠かせない被リンク対策について解説します

SEO対策の中でも特に重要なのが、被リンクですが、際限なくランダムに被リンクを増やせばいいというものでもありません。

「リンクジュース」を意識しながら被リンクを増やし、SEO対策に取り組むことが求められます。

今回はリンクジュースとはなんなのか、どのように役に立つのかを解説していきます。

リンクジュースって一体なんなのか?

リンクジュースがSEO対策に欠かせないのは前述の通りですが、まずは仕組みを理解することが必要です。

それではリンクジュースの解説の前にそもそも被リンクとは何か見ていきましょう。

被リンクとは?

まず被リンクとは、外部サイトから設置されたリンクを指し、ブログなどのサイトに訪れた人が内容に共感し、自分のサイト内でリンクをつけて紹介した場合などが当たります。

そして被リンクはSEO対策に欠かせない要素であり、リンクを受けたサイトの質の高さリンクの本数などが自分のサイトの評価に直接関わります。

ただし、一昔前までは被リンクの本数が絶対的な価値を持っていましたが、ペンギンアップデートと呼ばれるアルゴリズムにより、その状況は一変しました。

評価を上げるためだけに設置されたリンクはユーザーの満足度の向上に反するとして、厳しく見られるようになったのです。

しかし、自然なリンク、つまりユーザーに評価されて設置されたリンクには価値があるとして、サイトの評価を高める要素となっています。

これが冒頭で述べた際限なくランダムにリンクを増やせばいいというわけではないことの理由となっています。

なお、作為的なリンクのやりとりについてはペナルティが課せられる場合もありますので、目先の欲にとらわれないようにしましょう。


リンクジュースの仕組み

被リンクは外部サイトからリンクを貼られることと説明しましたが、リンクジュースは外部サイトの評価がリンク先にも渡ってくることを意味しています。

本来ジュースは飲み物を意味しますが、混ぜ合わせるといった意味も含んでおり、複数の外部サイトの評価が対象のサイトに渡り、一つの価値になることを指して、リンクジュースと呼ぶようになったのです。

つまり、複数のグラスに注がれたジュース一つの容器に移した評価が、自分のサイトの評価になる仕組みとなっています。

ということは、自分のサイトに複数のサイトのリンクを貼った場合、それらのサイトに自分の評価が分散されていく形となり、被リンクを得たサイトの数と質の積であることがわかります。

あわせて理解したいページランクの仕組み

そしてリンクジュースを理解する上で、ページランクの仕組みも重要です。

ページランクとは、Googleが示すウェブサイトの質や重要度を表した指標であり、ページランクが大きければ大きいほど検索順位が上位になる仕組みとなっています。

ページランクを上げるには被リンクの本数が重要で、また被リンクを受けた外部サイトの被リンク数も影響してきます。

人気のサイトからのリンクはより人気のある価値の高いサイトである、という考え方です。

ただし、SEOを決定するアルゴリズムは他にも存在しており、あくまでその中の一つでしかありませんので、注意が必要です。

なお現在はページランクの公開が停止されているため、外部から知ることはできませんがGoogleより内的な評価として用いられていることが言及されています。

被リンク対策のポイント

被リンクとリンクジュースの仕組みは上記の通りですが、ではそれを踏まえた上で実際にSEO対策として取り組む際のポイントを見ていきましょう。

まずは特定分野に深く精通したサイトの構築が求められます。

Googleは対象サイトとの関連性が高いサイトからのリンクを高評価する傾向がありますので、特定分野を深く掘り下げているサイトであれば、自然と関連性が高いサイトからのリンクを得やすくなります。

また、深く掘り下げた情報はもとより、特定キーワードを用いるなどページごとのSEO対策も効果的です。

逆に、質の高いサイトへのリンクを飛ばすことも重要です。

こちらからリンクを飛ばすことが直接評価につながるわけではありませんが、相手からのリンクを得やすくなるため、結果としてより多くのリンクを集めるきっかけとなります。

ただし、先述の通り無作為なリンクを集めても意味がありませんので、関連性が高くより良いサイトへの発リンクにとどめましょう。

ちなみに自分と相手の相互にリンクを貼りあうことを相互リンクと呼び、うまくいけば効率的にリンクを集めることができるようになります。

まとめ

外部サイトからリンクを設置されることを被リンク、そして被リンク先の評価が自分のサイトに流れてきて価値を作るのがリンクジュースと呼ばれています。

リンクジュースを意識した被リンクを集めることで表示順位の上昇を狙えますが、数あるSEO対策の中の一つに過ぎませんので、過信せず他の対策も怠らず行う必要があります。

また、無作為にただ被リンクの数を増やしても高評価にはつながりませんので、関連性の高いサイトからのリンクを集めるためにより深掘りした専門的なサイト構築を心がけましょう。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP