note販売で稼げるって本当?稼ぐ方法やコツを紹介!

近年、noteというサービスを使って稼いでいる人が増えています。
場所や時間などの制約に縛られることなく文章やWeb漫画を気軽に売買できるということで、クリエイターの間で大変注目されています。

本日は、noteを使って稼ぐ方法やコツについて紹介していきます。

note販売ってそもそも何?どうやって稼ぐの?


noteとは、ブログや漫画などのクリエイターが自分の作品を販売できるサービスです。
ブログや漫画だけではなく、写真、イラスト、音楽や映像まで販売できるようになっています。

これらのコンテンツを「有料販売」して稼ぐことができます。

ネットで簡単に販売ができるので、発表や販売をするために場所を探したりその為の金銭的、精神的なコストをかける必要がなく、かなり気軽に始められるのが特徴です。

noteが稼ぎやすいワケ

ここからは、なぜnoteが稼ぎやすいのか解説していきます。

稼げるようになるまでのハードルが圧倒的に低い

 

ブログで稼ごうと思った時に、一般的にはアドセンスとアフィリエイトで収益化することになりますが、この場合記事を書いて完成させてから実際に収益化して稼ぐまでにおよそ数ヶ月かかります。
また、SEO対策をしたり、競合サイトのリサーチ、ブログの改修などを行う中で、なかなか結果が出ず、労力と見合わないということでやめてしまう人もチラホラ。

一方noteは、シンプルに「コンテンツを販売する」という仕組みなので、販売したものが売れることで収益になります
アフィリエイトよりは圧倒的にハードルが低いと言えるでしょう。

販売価格は自分で決められる

Noteは自分のコンテンツを販売する際の販売価格を自分で決められます。
まずは100円で販売を開始し、売れるようになってきたら徐々に価格を上げていく、というように、読者の反応をみて値段の調整ができるのです。
また、当然ですが値下げもできるので、例えば普段1,000円で販売しているコンテンツを、「本日限りで500円」というように安売りすることもできます。

アフィリエイトと比べて利益率が高い

アフィリエイト(書いたブログの記事経由で商品が購入された時の報酬)は、一般的に商品代金の1%〜10%といわれています。
一方noteは売上から決済手数料(クレジットカード5%、キャリア決済15%)とプラットフォーム利用料金(10%〜20%)を差し引いた分が利益になります。
つまり、利益率は80%前後ということになりますから、アフィリエイトに比べてかなり利益率が高いのです。

外出先でも気軽に更新作業ができる

Noteは非常にシンプルな作りになっており、スマホを使った閲覧、更新作業が容易に行えるように設計されています。
その為、パソコンがなくても外出先でスマホだけで簡単に更新できるのが特徴です。

ブログの更新作業はスマホでもできるけどパソコンじゃないとまともに作業できないという話もよく聞きますが、noteのように気軽に更新ができると単純に続けやすいです。
継続こそ力なり、という事でどんな仕事でも続けることが重要ですから、そういった点でもnoteは稼ぎやすいといえるでしょう。

販売後も追記ができる

実際に販売をした後に追記ができるのも大きな特徴です。
購読者からもらったフィードバックを随時反映させることができる為、定期購読してくれる人が増えやすいです。

クリエイター側の一方通行ではなく、読者と共にコンテンツを作り上げていく事ができるので、読者側からするとクリエイターと一緒に作っている気分になれますよね。

note販売でもっと稼ぐコツ


先程紹介した理由により稼ぎやすいという事で注目を集めているnoteですが、更に稼ぐ為のコツを紹介します。

ターゲットを絞る

アフィリエイトと同様ですが、まずはターゲットを絞る事が重要です
ターゲットを1つに絞る事によって購入者とコンテンツのマッチング率が高くなり
ます。
また、ターゲットを絞ることでSEO効果も期待できる為、検索エンジンの上位に表示されて更に売れるようになります。

導入部分を意識する

どんな内容のnoteなのかを文章の最初に書いておくことが重要です。
有料noteの場合、「ここからは有料」というように文章の途中で区切る事ができます。その先(有料)を読みたい!と思ってもらえるように、目次等も含めた導入部分はおろそかにせずしっかりと書くことが重要です。

導入部分さえしっかりと書けていれば、絞ったターゲットからの購入に繋がりやすいのです。

ビジュアルを意識する

導入部分で書いた目次の文字自体を大きくして目立たせたり、文章だけでは伝わらない部分については写真やイラストを挿入する等、読む側の立場になってビジュアルを意識するのも重要です。
パソコンでnoteを作った後にスマホからアクセスして、読みやすいかどうかを確認すると良いでしょう。

SNSで宣伝する

SNS、特にTwitterを利用して宣伝をしてnoteに誘導するのも有効な手法です。
noteのターゲットに刺さるようなツイートをして、noteの閲覧・購入に繋げましょう。

まとめ

本日は、note販売で稼ぐ方法と稼ぐコツについて解説しました。
利益率が高く、更新作業も簡単に行えるということで、近年大変注目されているサービスです。
アフィリエイトで結果が出ない人や、結果を出していたけどGoogleのアップデート等環境の変化によって痛手を食らっている人は、そのノウハウを駆使してnote販売を始めてみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP