パンダアップデートは導入の背景を理解すれば対策は可能!しっかりと解説します

パンダアップデートと聞いて何をイメージするでしょうか。

日頃からSEO対策に勤しむ方であればもちろんご存知かと思いますが、一見単語から想像できない内容のパンダアップデートについて、解説していきます。

パンダアップデートってなに?


パンダアップデートとは、主に質の低いコンテンツの評価を下げ、検索上位に表示されなくするGoogleのアルゴリズムを指しています。

2011年に英語圏を中心に導入され、2012年7月には日本にも導入され、当初は他のアルゴリズムのような自動更新ではなく、手動による更新でアップデートのたびに告知されていました。

しかし、2013年3月以降は、通常のアルゴリズムに統合され自動更新となったため、告知はされない状態となっています。

現在は月に1回程度の頻度で更新されていますが、順位に大きな影響を及ぼす際のアップデートは告知がなされていたことから、今後も同様の対応があると考えられます。

パンダアップデートが導入された理由

そもそもパンダアップデートが導入された理由として、「コンテンツファーム」と呼ばれるユーザーに与える価値が低い割りに保有するコンテンツ数が膨大なサイトが、検索上位に表示されていたことが挙げられます。

そのようなサイトを排除し、よりユーザーの満足度を向上させる施策として導入されたのが、パンダアップデートなのです。

そのため、Googleからの評価を上げるためには、ユーザーの求めるものを読み取り、より独自性のある深掘りした内容が必要となります。

あくまでコンテンツ数やウェブサイトの規模だけでなく、品質の高いものが評価される、ということですね。

パンダアップデートがSEOに与える影響

独自性や専門性が低いサイトは検索順位に如実にSEOに影響が出てきます。

他にも、内容に乏しく薄いものや、サイト内の他のページと共通している部分が多い、広告の占める割合が多い、被リンクが得られていない、ソーシャルメディアで共有されていないといったサイトはパンダアップデートの影響を受けるでしょう。

ただし、順位下落がパンダアップデートによるものか判別することは難しく、いずれにせよ上記のような改善点が挙げられる時点で、パンダアップデートによる影響かどうかを判別する意味はあまりありません。

パンダアップデートへの対策方法

パンダアップデートへの対策として、まずはコンテンツの見直しをしましょう。

他のページやサイトと共通する部分を除き、残ったコンテンツの量でユーザーの満足を得られるのかを検討する必要があります。

もしこれではユーザーを満足させることは難しい、そもそも残ったコンテンツの量が少ない、といった場合はリライトしてコンテンツの加筆修正をしていきます。

コンテンツの加筆修正

そもそもコンテンツの量が圧倒的に足りない場合は、より情報を深掘りして加筆することで追加していくことができますが、他のサイトと比べてコンテンツ量は問題ないのに、思ったような結果に繋がらないこともあるでしょう。

そのような場合は、ユーザーが満足する内容ではないことが原因となっている可能性があります。

ユーザーは何を求めているのか、それに応えられるようにするには文章だけなく動画や画像を準備したり、わかりやすい表現を模索することが重要です。

ただし、あまりにもあれこれ足していくと、検索キーワードと検索クエリが合致しなくなりますので、サジェストされる関連キーワードを見て、ページ内に必要な情報を検討しましょう。

noindex、コンテンツの削除

逆にサイト内のコンテンツが多い場合、検索トラフィックが0に近いページも出てくるでしょう。

自然検索が0の場合、検索順位がついていない、つまり質の低いページということが考えられます。

そのようなページは先述のリライトをする他に、思い切って削除するという手もあります。

パンダアップデートはそのページだけでなく、サイト全体に影響を及ぼしますので、質の低いコンテンツを無理に保有し続ける必要はありません

全ページをリライトし質の向上を目指すのももちろんいいですが、現実的に難しい場合は質の低いページを削除することで、パンダアップデートの影響を避けることも選択肢に入れておくべきでしょう。

また、質は低くないものの、自然検索による流入を見込めない場合は、noindexを設定しておくことも効果的です。

どちらにしても、ページ単位ではなくサイト全体に及ぼす影響を考慮し、どういった対策を取るのか検討しましょう。

まとめ

パンダアップデートはユーザーの検索における満足度を向上させるために、質の低いサイトを表示しないアルゴリズムですが、仮にパンダアップデートが導入されていなかったとしても、質の低いサイトはいずれ淘汰される存在です。

小手先だけのテクニックでトラフィックを稼いでも、結局滞在時間が短かったり、拡散されないため他の質のいいサイトがいずれ上位に出てくるようになります。

あくまでユーザーの満足度を向上させるために、何が求められていて自分は何ができるのかを検討し、より良いサイトを構築していきましょう。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP