メッシュリンク構造の有用性や作成のコツを紹介!

自社Webサイトやブログのアクセスを上げたいときにSEO対策をするかと思います。しかし様々な情報や、繰り返されるGoogleのアップデートにより、具体的にどの対策が有用であるかがわかりにくくなっています。もちろん全て対策をすることでよりSEO最適化も望めるかもしれませんが。
今回紹介するメッシュリンク構造は、WebサイトをGoogleに認識してもらうための「サイト構造」のことです。具体的に何をすればよいのかを一つずつ解説してきます。

メッシュリンク構造ってなに?

Googleの頻繁なアップデートで、検索順位が大幅に乱高下しています。

従来から内部リンクや、人気のあるWebサイトからの外部リンクの数が、サイトの評価数に影響がありました。こちらも例外なく、影響が少なくなった時期もありましたが、最近になりまたこれらの評価が高まってきています。

メッシュリンク構造とは、コンテンツ間の関連記事で、網目のようにリンクを張り巡らせることを言います。

それではなぜこの構造が有用であるかも見ていきましょう。

メッシュリンク構造が有効な理由

従来までの基本のリンク構造は、TOP画面→カテゴリ→記事というようにピラミッドのように縦へ下って構造がメインでした。この場合、縦のつながりを重視しているために、メニューバーに関連している記事のつながりはありましたが、違うメニューの記事同士の横のつながりが弱いといった欠点がありました。つまり、検索エンジンを通じて見つけてほしいメインページまで検索エンジンロボットがたどり着かない、ページを探し出すことが容易ではありませんでした

これに対し、メッシュリンク構造は、横のつながりにもリンクを張り巡らせておくことで訪問者がサイト内をスムーズに移動できる点から、検索エンジンロボットも同様、容易にサイト内を移動し、テーマを認識できるようになります。結果SEO対策に有効、検索での上位表示が見込めるということになります。

メッシュリンク構造を実現させるコツ

ではまず、メッシュリンク構造を実現するための流れを見ていきましょう。

網目のように記事やコンテンツ同士をリンクでつないでいくためには、やみくもに記事を書くのではなく、事前に構成を設計する必要があります。

サイトのテーマ、メニューの数、メインの記事を事前に設計し、どの記事と記事をリンクでつないでいくか、入念に設計する必要があります。

もちろん後からでも修正可能ですが、最初の段階からメッシュリンク構造を意識してサイトを作ると、メインコンテンツとなる最下層まで検索エンジンロボットがたどり着けるようになります。より早くGoogleの評価を得られるでしょう。

具体的な施策としては、

1.最下層のページにたどり着けるような構成にする。
例えば、トップページにランキング機能を付ける、特集を組むなどです。これによりトップページから最下層のページへ容易に飛ぶことができます。
さらに入念に対策するならば、メニューの階層の下ページにもこれらの機能を付けていくとさらに細かいメッシュが出来上がります。
これにより、TOPページから2クリック以内で全てのページにアクセスができるように設計ができます。

2.記事からトップページへ戻るリンクも設定する。
記事からトップページへの移行もスムーズに行えると良いでしょう。
ここでの目的もトップページとのつながりの強化です。またユーザーも、記事を読み終わったらトップページに戻りたいという要望もあります。ここの設計は意外と忘れがちなのでわかりやすい場所にリンクを設定すると良いでしょう。

リンクの設定以外にも、基本的なことですが、サイト全体を正しく検索エンジンに認識させるための、「Google Sitemaps」の提供もすると良いですね。
いまこういう構造になっている、ということをこちらからGoogleに伝える役割がありますので、導入していないかたは検討してみてください。

まとめ

メッシュリンク構造がSEOに有用であることがおわかりいただけたかと思いますが、メッシュリンク構造にしたからと言ってすぐに検索上位になるわけではありません。
あくまでGoogleが構造上見つけやすい設計であるために長期的に見ていくと良いでしょう。
構造の設計と同時に記事のアクセス分析を行うことで、どういった検索キーワードからサイトへ流入しているのか、ユーザーの特性を把握することでメッシュリンク構造をどうつなげていくかのヒントにもなるでしょう。

ユーザーのニーズに合う良質なコンテンツ、適切な導線、Googleから見ても見やすい構造のWebページを作ることが検索上位になる一番のポイントになります。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP