diaq(ダイヤク)の副業は稼げる?仕事内容やドライバー登録方法まで解説

diaq(ダイヤク)(※以下diaq)というサービスをご存知でしょうか。
端的にいうと荷物の配送サービスのクラウドソーシングアプリですが、一番の特徴として、Uber Eats同様配達員として登録をしておくことにより、商品を配達先に配達して報酬を得ることができるようになっており、利用側としてはもちろん副業としても人気があります
本日はそんなdiaqについて解説していきます。

diaq(ダイヤク)ってなに?

先程も触れましたが、diaqとは「荷物を届けたい」時に「その時に近くにいるドライバー」へ配達を依頼できるサービス。
一般的な宅配便などを使用するよりも配送料が安くて配達が早いのが特徴です。

そして、Uber Eats同様に配達員の登録をして副業として稼ぐこともできます。
まさに、Uber Eatsの物流版といったところでしょうか。
自転車、125cc以下のバイクでも始められるとあって、ほとんどの方が自転車やバイクを使用していますが、軽貨物車両で配達している方もいます。

尚、全国への配送は可能となっているものの、集荷に関しては現在東京23区のみなので、東京以外の方が副業として始めるのは現時点では難しいです。

diaq(ダイヤク)でどれくらい稼げるの?

それでは、diaqでどれくらい稼げるのか解説していきます。

運送料金が本人の報酬に直接影響するのですが、実はこの運送料金は配達員が自分で決めることができます。
利用者は評価や運賃でドライバーを選ぶことができるので、始めたばかりの頃は料金設定を安くしておき、実績を積んで評価が上がってきたら徐々に高くしていくのが一般的です。

基本料金の相場は3km迄が1,000円程度、10km迄が1,800円となっており、10km以降が1kmにつき100円増、土日祝と深夜(22:00-5:00)は基本料金に1割上乗せされます。

この料金がそのまま懐に入るわけではなく、ここから
・仲介手数料20%
・報酬の振込手数料
が引かれ、残りが自分の報酬ということになります。

設定した運送料金にもよりますが、概ね1回の配達は所要時間が数十分で、1,000円〜2,000円程度稼げることが多いようです。

時給換算するとなかなか高めといえますね。

あくまでも依頼ベースのお仕事の為案件がなければ稼げませんが、実績を作って評価を上げてコンスタントに依頼がくるようになれば運送料金(単価)も上げられますし、効率良く稼げるようになるでしょう。

diaq(ダイヤク)を始めるには


ここからは、diaqの始め方について解説していきます。

まずは専用のアプリケーションをダウンロードします。
iPhone:

https://itunes.apple.com/jp/app/diaq-driver-%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%82%AF/id1276070039?l=ja&ls=1&mt=8

Android:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.saroute.diaq.driver

アプリ起動後は、案内に沿って必要事項を入力していきます。

その後、運転免許証等の必要書類コピーを提出する事になるのですが、特に軽貨物車の場合は提出書類が多く、運転免許証の他に「貨物軽自動車運送事業経営届出書」「車検証」「自動車損害賠償責任保険証明書」「自動車保険証券」が必要となります。
書類の提出後審査が行われ、無事審査を通貨すると、アプリに運送者情報を登録し、実際に仕事を開始できる、という流れになります。

尚、このお仕事を始めるにあたっては制服やユニフォームはありません。
普段着でOKなので、仕事終わりや空き時間に気軽にできますね。

評価システムと商品の破損には要注意!

空き時間に気軽に稼げるdiaqの副業ですが、注意点があります。

評価が下がらないように注意する

利用者は、専用のWebページで配達を依頼するドライバーを選択できるようになっており、
選ぶ基準の1つが「評価」です。
やはりコンスタントに依頼を受けるには評価を上げていく事が重要になってくるので、この評価が低いと依頼が増えません。
特に服装、言葉遣いやマナー、荷物の取り扱い方には注意が必要です。

どれだけ身だしなみが綺麗で丁寧な対応をしても、荷物が破損していては評価が下がります
逆に、荷物の破損・汚損もなく無事届けられたとしても、それは配達業者としては当たり前の事で、ドライバー自身の印象が悪いと、評価が下がってしまいます。

荷物を雑に扱わないのはもちろん、身だしなみと印象はよくできるように心掛けましょう。

荷物に万が一の事があった場合は弁償しなければならない

万が一ドライバーの不注意等で受託した荷物に汚損、破損があった場合は、diaq側で加入している運送保険で100万円まで補償されます。
ただし、3万円の免責金額が設定されているので、3万円は自分で負担しなければなりません。
評価の事もありますが、せっかく空いた時間で稼ごうと思ったのに逆にお金を払わないといけないなんて事にならないよう、十分に注意しましょう。

まとめ

今回は、空き時間で気軽に配達の副業ができるdiaqについて解説しました。

登録も非常に簡単で制服を着る必要もなく、所要時間の割には稼げるので、体力に自信がある方は登録から始めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP