ランサーズは副業としておススメできない?稼げない理由を解説

在宅でできる副業といえばランサーズと勧めるサイトは多く、実際に登録まで行った人もかなり多いと思いますが、思ったより稼げていないのが実情ではないでしょうか。

サイトによっては月に10万円以上稼ぐこともできる、なんて書かれていたりしますが、それを鵜呑みにして始めたのに10万円どころか1万円を稼ぐので精一杯な場合がほとんどです。

今回はランサーズで稼げない理由と稼ぐコツについて解説していきます。

ランサーズとは?

そもそもランサーズとは、ランサーズ株式会社が運営するクラウドソーシングサービスで、仕事を外注したい企業と受注したい個人をマッチングするものです。

コンサルティングやエンジニアリング、デザインにライティングと幅広い仕事でマッチングを行っており、在宅でできるものが多いため副業の候補に上がることが多くなっています。

クラウドソーシングサービスとしては日本最大手と言われており、依頼数も登録者数もかなりの数になっています。

ランサーズはぶっちゃけ稼げない?その理由とは

請け負う仕事ごとに単価が設定されており、中には1件あたり10万円を超える依頼もあったりしますが、高度なスキルが要求されますし専業でフリーランスとして働いている人への依頼がほとんどです。

副業で行う場合には、専業で働いている人ほど時間をかけることもできませんし、高度なスキルを持っていないことが多いので、タスクと呼ばれる1件数十円程度の簡単な入力業務や、文字単価0.5円程度でライティングを行うことになると思います。

そうするとタスクを何件かこなして1日500円稼げるとして、20日働いて月に10,000円ということになります。

ライティングの場合は2,000文字程度での依頼が多いので、1件あたり1,000円、月15本書いたとして15,000円の収入となります。

副業で月に5,000円から10,000円稼げればいいという人にとっては、十分稼げる数字と言えますが、それ以上を目指す人からしてみれば全然稼げていないことになります。
ですが、企業もお金を払って依頼する以上、きちんと仕事をしてくれる人に単価の高いものを回すのが当たり前であって、なんの実績もスキルもないうちは単価の低い仕事をせざるを得ません。

ですので始めたばかりのうちは、そこまで稼げないというのが実情です。

そして登録してそれなりの期間が経ち、タスクをこなしてきた人でも稼げていない場合がありますが、それは評価が良くなかったり、連絡がおろそかになっている、プロフィールがきちんと入力されていない、得意ジャンルが確立していない、企業のニーズにあっていない依頼ばかり応募していることなどが考えられます。

低評価、連絡が遅い人にわざわざ依頼したいとは思いませんし、何が得意でどんな人なのかわからない人も依頼対象には含まれないのはご理解いただけると思います。

また、サイトの構築をしてほしいという依頼にプログラミングはよくわからないけどやる気はあります、と応募しても採用はされません。

それなりの期間とこなしたタスク数があるのに、上記の理由の見極めができていない場合は稼げなくなります

ランサーズで稼ぐコツ

ランサーズで稼げない理由は上記の通りですが、稼ぐコツは上記の逆のことを行えばいいのです。

まずはきちんと丁寧に仕事をこなして高評価を受ける、連絡は密に行い、報連相をきちんとする、プロフィールは簡単にでもいいから記入欄は全部埋める、どんなことができて何が得意なのかを明らかにする、依頼のニーズを見極めて応募する、といったことを守るだけでより良い実績ができ、どんどん稼げるようになっていきます。

また、月の目標金額を設定することも重要です。

5,000円から10,000円稼げれば満足な人と、50,000円以上稼ぎたい人ではやることが変わってきます。

5,000円から10,000円稼ぐには簡単なタスクをこなすだけで達成することができます。

10,000円以上稼ぐためには文字単価0.5円程度のライティングをこなしたり、ロゴのデザインの依頼を受ける必要があります。

ライティングは最初のうちはお試し期間として文字単価がかなり安く設定されることが多いため、数をこなして単価を上げていくことが必要です。

ある程度の実績を提示できるようになれば単価の高い依頼を受注しやすくなります。

ロゴデザインは、コンペ形式による依頼が多く、もちろんデザインスキルが求められますので、未経験で受注するのはまず無理でしょう。

次の段階として30,000円以上稼ぐために、高度なライティング技術や、簡単なプログラミング技術が求められます。

ライティングもある程度までは記事作成のみで文字単価が上がっていきますが、より稼ぐためにはSEOを意識した記事や、ワードプレスを用いたCMS入稿のスキルなどが必要になっていきます。

そして50,000円から10万円以上稼ぐとなると、もはや副業の域を超えたスキルが必要となりますし、探さなくても仕事が舞い込んでくる状態となっているはずです。

高度なプログラミングやマーケティングのスキルを活かして働くことになります。


まとめ

在宅で気軽に始められるため副業としてランサーズを勧めるサイトは多いですが、思っているよりは稼げない理由について解説しました。

もちろん真剣に取り組めばある程度までは稼ぐことができますが、そこまで時間をかけていられない、高度なスキルを身に付けるのは厳しそうという方にとってはなかなか稼ぐことは難しいかもしれません。

そういった方はクラウドソーシングサービスは他にもありますので、複数のサービスを使ってタスク数をこなすと少しは収入が増えますので検討してみてください。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP