ネイルモデルを副業でするとどのくらい稼げる?仕事内容まで紹介

女性のお洒落として楽しまれることが多いネイルですが、自分で行うだけでなくサロンでお金を払ってプロのネイリストにやってもらう方も多いでしょう。

毎回ではなく特別な日だけという方も含めたらかなりの数の方が、お金を払ってネイルをしてもらった経験があると思いますが、ネイルをしてもらって逆にお金をもらえる仕事があるのをご存知でしょうか。

それは、ネイルモデルという仕事で、今回は副業として行うにはどのようにしたらいいのか解説していきます。

ネイルモデルってどんな仕事?

プロのネイリストを目指す人の練習や検定を受ける際に、実際に施術する必要があり、その施術を受ける人が必要になります。

その需要に応えるのがネイルモデルで、ネイリストの養成を行うスクールや検定会場に行き、施術を受けるのが主な仕事内容です。

普段の練習では、週に何度か施術を受けることになり、頻度はネイリストさんの希望で変動します。

検定前など多いときは週に4回ほど練習させて欲しいといった希望もあったりします。

大きなスクールなどでは1ヶ月から2ヶ月の期間、ほぼ毎日練習台として稼働を求められる場合もあるようです。

そして検定本番では2時間半ほど拘束され、試験官の前で施術を受ける形になっています。

今までなんども施術をして慣れている人に検定の際も施術したいという希望が多いため、基本的には練習から検定まで同じ人に依頼することが多いようです。

あくまでネイリストさんの練習台として施術を受けるため、自分の好きなネイルをしてもらえるわけではありませんが、練習から検定を受けるまでの間はネイルをしてもらうだけでなく、綺麗な爪を保つための手入れをしてもらえるので、それだけでも価値のあるものですが、それでいてお金ももらえるのでかなり割のいい仕事と言えます。

ちなみに、検定の内容によっては男性の爪の方が合格しやすいといった場合もあり、男性でもネイルモデルになることができます。

ネイルモデルのメリット

座ってネイルをしてもらうだけでお金がもらえる

何と言っても何もせずじっと座ってネイルをしてもらうだけでお金がもらえるのは、大きなメリットでしょう。

基本的には何かしらの労働をして、その対価としてお金をもらうことが多い中、何もせず稼ぐことができるのは、それだけで価値があるものです。

いつもはお金を払っていた爪の手入れで、逆にお金がもらえる

次に、基本的に爪のお手入れはサロンでお金を払って受けるものですが、練習の際に検定に向けて綺麗な爪に保つ手入れをしてもらえます。

自分で苦労せず綺麗な爪にしてもらって、さらにお金がもらえる、これ以上言うことのない仕事でしょう。

ネイルモデルのデメリット

座りっぱなしは楽そうに見えて意外とつらい

一方デメリットとして、座りっぱなしによるつらさが挙げられます。

練習も検定も長時間座っていなければならず、サロンであればネイリストが色々と話をしてくれたり暇つぶしのものが用意されていたりしますが、ネイルモデルを行う場合はそういったものは期待できません。

飽きるだけでなく、同じ姿勢を長時間していることによる疲労もつらさの一つではありますが、長くても3時間程度で解放されるので、そこまで気にならないかもしれません。

爪のケアを普段からしておかなければならない

もう一つのデメリットが普段から爪の手入れをしていなければならないということです。

もちろん練習のたびにネイリストさんから手入れはしてもらいますが、爪のケアは毎日行う必要があり、練習のない日は自分で行わなければなりません。

また、爪を綺麗に伸ばしておく必要があり、割れたり欠けたりしないように気を配ることが求められますので、日頃水仕事を多く行う人は大変かもしれません。

ネイルモデルの報酬相場

さて、気になる報酬相場ですが、練習の際は時給1,000円程度が相場となっており、高い場合だと時給2,000円というところもあります。

検定を受ける際には練習と別で報酬が支払われ、1回で8,000円から10,000円程度となっています。

またネイリストさんによっては、自宅用のケア用品を用意してくれたり、交通費を支給してくれる場合もありますが、必ずしもそうなっているわけではないので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

ネイルモデルになるには?

ネイルモデルになるには、インターネットや雑誌で募集を探し、そこに応募するのが基本となります。

スクールでの募集があったり、ネイルモデル用のマッチングサイトやサービスが用意されているので、募集を探すこと自体は比較的簡単に行うことができます。

最近だと、SNSでネイリストさんが直接ネイルモデルを募集していることもあるので、そちらをチェックしてみるのもいいでしょう。

大体はスクールの開講している日中に練習1回につき2時間から3時間ほど拘束されますので、昼から夕方頃にかけて時間のある人は始めやすいと思います。

まとめ

普段はお金を払ってお洒落の一環として楽しむことが多いネイルですが、ネイルモデルはそれを仕事にすることができます。

手入れも一緒にしてもらえて、座ってネイルをしてもらうだけでお金を稼ぐことができるのが最大の魅力です。

ネイリストさんは検定に合格したいという熱意を持って練習に励んでおり、モデルとしてゴールに向かって一緒に歩んでいける素敵なお仕事ですので、爪を伸ばしておくことに支障がない方はぜひ検討してみてください。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP