グロースハックってなに?マーケティングへの影響と注目される理由

グロースハックというマーケティング用語は、2010年にアメリカで発見され2012年のアメリカ大統領選ではグロースハッカーが話題になり一時期注目を浴びていたマーケティング手法です。

今回はグロースハックを知らないという方にもグロースハックがどういうものなのか、マーケティングにどのような影響を与えているのか、そしてなぜ今グロースハックが注目を集めているのかについてわかりやすくご紹介したいと思います。
グロースハックってなに?
グロースハックとは、マーケティング部門や生産部門などが横断的に連携し、ユーザーから得た商品やサービスについてのデータを徹底的に分析・検証・改善することによりマーケティングの課題を解決して急成長に結びつけるビジネス手法のことを言います。

グロースハックとマーケティングの関係

グロースハックとマーケティングは、一見するとその内容は同じように見えるかもしれません。マーケティングの定義が商品やサービスが売れる仕組みを作ることであるのに対し、グロースハックの定義はサービス自体の機能・設計・戦略にまで改善を加え、そのサービスの成長を飛躍させることとされています。

これらは似ているように見えてもその内容は全くの別物です。マーケティングが商品やサービスを売ることに主眼を置くのに対し、グロースハックは商品やサービスに売れる仕組みを埋め込むことに主眼を置きます。

つまりグロースハックというのは、商品やサービス自身が勝手に成長していく仕組みをその商品やサービスに埋め込むという考え方なのです。

いま、グロースハックが注目される理由

少し前に話題となったグロースハックが再注目された理由は、近年サービスに対するライフサイクルが短くなったことから採るべき対策が変わったことが挙げられます。

例えば家電などの製品の場合、長い年月をかけて開発と改良を繰り返したのちに市場に出ていきます。市場から顧客に渡ると数年単位で使用されることが多いかと思いますので改善の時間もありました。
それに対し近年になって多く見られるIT・Web業界のサービスは、スピード重視であることから開発期間も短く、参入しやすい分野であるためにすぐに競合が現れます。消費者も簡単によりよいサービスへ移行していきますので、サービスに対するライフサイクルが短くなってきています。

いくら短期間でサービスを開発できるようになったとはいえ、すぐに新しいサービスを市場に投入できるわけではありません。企業としてはそのサービスのユーザーを短期間で獲得し、少しでも長く継続的に利用してもらいたいと考えるのは当然です。そんな時に登場したのがグロースハックだったのです。

グロースハックのフレームワーク


グロースハックにはフレームワークと呼ばれる、グロースハックを成功に導くために使われるツールが存在します。フレームワークの代表的なものに「AARRRモデル(アーモデル)」があります。
アーモデルの特徴は、新規ユーザーを獲得してから購買に至るまでの成長サイクルを体系化したものです。これはつまり新規ユーザー(見込み客)の成長を促すことが事業の成長になるという考え方が基本となっています。

アーモデルモデルという名称は、サービスの各成長段階を表すAcquisition(ユーザーの獲得)、Activation(サービスの利用)、Retention(利用継続)、Revenue(収益化)、Referral(紹介)の頭文字を略したものです。

このフェーズの中で必要なテスト(KPI等)を通じ、数値化したのちに自社のサービス改善を行います。
グロースハックにアーモデルモデルを使用すると、サービスの成長指標を捉えられることやサービスの成長にとっての課題がシンプルになることがメリットと言えるでしょう。

グロースハックの進め方

実際にグロースハックを進めていくためのプロセスを以下に記します。

1.サービスを作る

大前提になりますが、ユーザーが使いたくなるようなサービスを作ることが必要です。

2.仮説を立てる

サービスを実際にユーザーが使用するとさまざまな課題が出てきます。アーモデルのフェーズの中で問題があるものを特定し、数値の分析を行います。仮説を立てて改善策の設定を行います。

3.仮説が正しいかどうかを検証する

2で作成した改善策を実行し、KPI(Key Performance Indicator)の数値を見ながら仮説を検証します。

4.改善する

仮説の検証が終わり、正しい場合は、実際のサービスをさらに良くするための改善方法を考えます。仮説が正しくない場合は2に戻って仮説をたて直します。

まとめ

グロースハックは言葉だけを聞くと難しく感じるかもしれませんが、実生活でも知らず知らずのうちに使われているのです。複雑化した顧客行動や進化したWebページに対する顧客の動きを見ることで本当に必要としているサービスがなんなのかを検証を繰り返すことで最適なサービスに近付けていくことが可能なのです。次々と新しい魅力的なサービスがリリースされていく中、競合と戦うためにもグロースハックの考え方は今度さらに必要とされていくでしょう。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP