サイト売却ってなに?副業に最適な理由と相場について

ネットの普及によりネット環境と端末さえあればお金を稼げるこの時代。
副業でアフィリエイトをされている方も多いと思いますが、このアフィリエイトサイトを売却できる事をご存知でしょうか。近年、こういったサイト売却が副業として注目されています。
本日は、サイト売却の報酬相場、税金、メリットやデメリットについてまとめてみました。

サイト売却ってなに?


サイト売却とは、その名の通り法人、または個人が所有しているサイト(又はサイトを構成するコンテンツ)を売却する事をいいます。誰かが作ったWEBサイトを、そのサイトが欲しい誰かが購入する、というシンプルなものです。
「サイトM&A」と表現される場合もあります。

サイトを1から作成・成長させるコストや時間を考慮すると、既に良質なサイトがあるのであれば買収した方が合理的であると考える購入者と、様々な事情により自身のWEBサイトを売却したいというサイト所有者のニーズがマッチングする事によって成立するビジネスです。

2005年頃から始まった割と産まれたてのビジネスなので、まだまだ認知度が高いとはいえませんが、近年徐々に事業価値・資産価値として徐々に認識されており、これから成長が期待できるビジネスです。

収益を上げたアフィリエイトサイトはもちろん、サイトと連動させているSNSも売却対象となる場合があります。

サイト売却の相場

それでは、サイト売却の報酬相場について解説してきます。
相場は、サイトのジャンルやアクセス数、収益性によってまちまちですので、一概にはいえませんが、そのサイトが生み出す月間の利益×20か月分程度といわれています。

例えば、1か月に100万円の利益を出せるようなサイトであれば、一度の取引で2,000万円を受け取れるという事になります。

サイト売買のサイトにて一覧が公開されていますので、これを見れば大体の相場がわかるかと思います。
安いサイトでも数十万円、高いサイトだと数千万円も値が付く場合もあるようです。

サイトを売却した際の税金について

売却するサイトの価値によってはかなり実入りが良いといえるサイト売却ですが、売却した際の税金はどのような計算になるのでしょうか。

税金については、法人なのか個人なのかによって異なります。

まず、法人運営のサイトの場合は、サイト売却によって得た利益はそのまま売上として計上されます。
一方、個人運営のサイトは、人それぞれの状況によって異なります。

所得の区分は、継続性があるかどうかによって事業所得になるのか、譲渡所得になるのかが決まってくるようで、端的にいうと、1度だけサイト売却した場合は譲渡所得、継続的にサイト売却をしている場合は事業所得になるようです。

ただし、基準があいまいな事と見解が人それぞれ違う為、迷った時は税務署に相談をするのと安心でしょう。

サイト売却のメリット

ここからはサイト売却のメリットについて解説していきます。

一括で大きなキャッシュが手に入る


サイト売却の最大のメリットは、今後数か月間で得る見込みの報酬を一括で得られる事です。
前倒しでキャッシュが手元に入るという事は、その分を別の事業や投資に回す事もできますので、非常に効率が良いです。

特定のサイトに集中する事ができる

サイト運営をしている方の多くは1つだけではなく複数のサイトを運営しています。
個人で多数のサイトを運営している場合、ジャンルを絞って成長させたいサイトだけに集中できず思うように伸ばせない事もあるでしょう。
そのような場合、既に収益が出ていても今後の成長が期待できないサイトや、そもそもあまり得意ではないジャンルのサイトは売却して自分の手から離してしまう事によって、これから成長させたいジャンルやサイトに集中する事ができます。

売却目的でサイトを作る事ができるようになる

サイトの売却を何度か行っている内に、ノウハウや知識がついてきます。
どれくらいのサイトが、どれくらいの価値を生むのか大体の相場がわかるので、最初から売却する事を目的としたサイトを作る事ができます。
一時的なものではなく、継続して行う事によってより副業として成り立つ事になります。

サイト売却のデメリット


一括で大きなキャッシュが手元に入るという大きなメリットがあるサイト売却ですが、デメリットもあります。

収益のタネが減る

サイト運営は、毎月コンスタントに収益を得る事ができるストック型のビジネスです。
サイトを売却する毎にまとまったお金は手に入りますが、安定収入の”タネ”が減る事になります。

収益性のないサイトは売れない!

サイトなら何でも売れるというわけではありません。
元々利益を上げられていない、アクセス数が少ないサイトは売値が著しく低いか、売る事すらできません

契約書に競業避止義務が盛り込まれている

多くの契約書には競業避止義務が盛り込まれています。

これが契約書に盛り込まれている事によって、売りに出した側は今後一切売却したサイトと類似のサイトを運営する事はできなくなります。
もし類似のサイトを運営する可能性がある場合は、売却前の契約書作成の段階で、類似サイトを運営する事について問題がない旨を契約書に明記してもらう必要があります。

まとめ

まとまったお金が手に入るサイト売却。
複数のサイトを運営している方は、運営をスリム化をする事によって伸ばすべきジャンルやサイトに1点集中ができるようになり、結果的に収益を伸ばす事ができます。
また、未来の収益を先にキャッシュとして受け取る事によって、他のビジネスに活用する事もできます。
収益を上げているサイトを複数運営している方は一度検討されてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP