出張ホストってなに?副業でやるといくら稼げるのか解説

出張ホストというお仕事をご存知でしょうか。
近年、「レンタル彼女」という女性とデートができるサービスが密かに人気です。その逆バージョンともいえる、男性とデートができるサービスが「出張ホスト」と呼ばれており、この出張ホストを副業としてやっている方がジワジワと増えています。
本日は出張ホストが一体どんな仕事をして、どれくらい稼げるのか、解説をしていきたいと思います。

出張ホストってそもそも何なのか?

出張ホストは、女性がホームページを見て気に入った男性とデートをする事ができる、いわば「レンタル彼女」の逆バージョンです。似たようなサービスに「レンタル彼氏」があります。
依頼主である女性客を対象に、ショッピング・ドライブ・映画鑑賞等、デート気分を楽しませるサービスで、「彼氏は作りたくないけど、デート気分を味わいたい」「日常生活に潤いがほしい」という女性からの需要を満たすお仕事です。

ホストのアフターも似たような感じなので、その「アフター」だけを提供するようなサービスと捉えていただければよいでしょう。

出張ホストとホストクラブの違い

出張ホストとホストクラブ、名前が似ているので、似たような事をするのではないかと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は業務内容や仕組みは結構違います。
ここでは、ホストクラブとの違いについて解説していきます。

1、服装自由・髪型自由

ホストクラブの場合、キャストはカチっとしたスーツを着用している事がほとんどですが、出張ホストはあくまでも「依頼主の彼氏として振る舞う」事がお仕事ですから、私服で問題ありませんし、髪型もホストのような髪型にしなくてもOKです。
かえって、ホストのような容姿ではなく、自然体である事が求められます。

2、店舗が無い

ホストクラブは店舗があります。キャストはそこに出勤して、来店した女性客をもてなし、一緒にお酒を飲んで会話をして楽しみます。
対して出張ホストの場合は、基本的には「外でデート」をするので、どこか固定のお店に出勤をする必要はありません
お客様から指名が入ったら、指定の待ち合わせ場所へ向かい、接客(デート)をするわけです。

3、彼氏として振る舞う

店舗を構えるホストクラブはお酒を飲む場所であり、疑似恋愛はオマケ程度ですが、出張ホストは「疑似恋愛」がメイン。
女性をおもてなししつつ、デート感覚で接客をして、依頼主の彼氏として振舞います。

出張ホストの報酬の相場

出張ホストが実際にどれくらい稼げるのか気になるところですが、結論から言いますと「人によってまちまち」です。
仕組み上、お客様がホームページを見て「お金を払ってデートしたい」と思ってもらえないと、そもそも仕事がない為です。指名がなくて待機している間も時給が発生、なんて事は基本的にはありません。
ただし、指名が入って仕事が来るとかなり稼げます。人によりますが、1時間デートをするだけで4000円~6000円程度稼げる人もいるようです。
人気が出てくると単価も増え、1か月で数十万稼ぐ人もいるので、夢があるお仕事ですよね。

出張ホストを副業でやるメリット

出張ホストを副業でやる事のメリットについて解説していきます。

1、空き時間に出来る

出張ホストの勤務形態には予約制とシフト制があります。シフト制は勤務可能時間をお店に伝えてシフトを決め、そのシフト内で働くという仕組みで、シフト時間内は待機し、お客様から指名が入ったら待ち合わせ場所に向かい接客を始めます。

あらかじめシフトを決めて空いている時間を有効活用できますので、副業としてやりやすいでしょう。
予約制は、お客様から指名が入ったらお客様とスケジュールを調整し、その日時に合わせて出勤をするという形態なので、あまり融通は効かない事が多いようなので、副業として始めるのであればシフト制で働けるお店をおススメします。

2、準備にお金や時間のコストがかからない

指名が入ったらお客様とデートをして、彼氏のように振舞うという仕事内容なので、普段のお出かけと同じように、服を決めたり髪型をセットする等の準備をするだけでOKです。
また、デートの費用は全て女性持ちの為、デート中のコストもかかりません

3、時給が高い(人気が出た場合)

人気が出てきたら、1時間あたりの報酬単価も上がってきます。普通にアルバイトをするよりも短時間で遥かに稼ぐ事ができますから、隙間時間にやるにはもってこいの副業といえます。

出張ホストを副業としてやるデメリット

人気が出たら短時間で超高収入を得られる、魅力たっぷりな出張ホストというお仕事ですが、その分デメリットもいくつかありますのでご紹介します。

1、身バレのリスク

ホームページに顔写真や簡単なプロフィールを掲載しますので、職場の人や知り合いにバレてしまう事があります。
地元近辺だと、依頼主がたまたま顔見知りで会ってみてびっくり、なんて事も。
また、職場が副業を禁止にしている場合、バレた時に大変ですね。

2、人気が出なければ稼げない

人気が出れば短時間で高収入を得られますが、人気が出ないと(指名をもらえないと)仕事がないわけですから、全然稼げません。すぐに人気が出ればいいのですが、コツコツ地道にやる根気が無いと、最初は厳しいかもしれません。

3、ルックスが良くないと基本的にダメ

男は中身で勝負!と言いたいところですが、残念ながらこの仕事においては「ホームページの写真」が入口ですから、そもそもルックスが良くないと指名されず、中身(性格)を見てもらう機会すら与えられません
また、いくら写真が良くて指名されても、実際に会ってみて写真と全然違うとリピートに繋がりませんし、「実物が別人だ」と口コミですぐに広がってしまい人気が出ません。
いくら性格が良くてトークが上手くても、ルックスが良くないと人気が出ず、続けられないかもしれませんね。

まとめ

女性をおもてなしして、疑似恋愛を楽しませて収入を得るという特殊なお仕事ですが、人気が出れば短時間でかなりの高収入が期待できます。
空いた時間にちょっとだけ働く事で沢山稼げるのですから、副業としてやるだけでもかなりウマいお仕事といえます。

ルックスとコミュニケーション能力に自信があり、女性をエスコートして喜ばせる事が得意な方は一度試してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP