ワントゥワンマーケティングとは?具体的な手法を徹底解説

ワントゥワンマーケティングという手法が今注目を集めています。
アマゾンをはじめとする様々なインターネットショッピングで活用されている購買履歴に合わせて、一人ひとりに展開されるIT技術を利用したマーケティング活動です。
パーソナルな情報が共有される現代において、最も効果的に集客が可能と言われているこのワントゥワンマーケティングについて解説していきます。

ワントゥワンマーケティングってなに?

ワントゥワンマーケティングとは、ニーズの異なるお客様一人ひとりに合わせて個別にアプローチをするマーケティング手法です。

ITの登場により各方面で自動化が進みました。最近ではAI化も活発ですよね。

企業の販売促進活動も、自動化により一度に大量のダイレクトメールを送信できることなど、従来のように時間とコストをかけることなく効率的に顧客に対してアプローチが出来るようになりました。
今では当たり前の方法ですが、従来は不特定多数の顧客に対して行うアプローチ方法が多かったため、質より量を重視していたこともありコストの割に思うような反響を得られませんでした。

このようなマスマーケティングから個別にアプローチするワントゥワンマーケティングに時代は変化しているのです。

Cookieの登場でワントゥワンマーケティングが実現した!

Cookieの登場により、企業側が顧客の必要なものをピンポイントで宣伝できるようになったためより効果的に行うことが可能になりました。

Cookieとはあなたが訪問したwebサイトや訪問回数の履歴を記録できる機能です。

具体例を挙げると、あなたがあるwebサイトに入り複数のページを閲覧したとします。
これを企業側から見ると、自社ホームページに初めて訪問してくれた顧客に対しゼッケンのようなものを割り当てます。そのゼッケンが顧客のその後の行動記録を追跡し、二回目に自社ホームページを訪問した際に、初回とは異なるページを表示するなどの差別化をすることで購入意欲を高めていくのです。

一度購入を検討した商品が後日表示されたり、IDやパスワードを入力する必要のあるサイトでIDなどが自動的に表示されたりした経験はありませんか? これはCookieを利用している例で、過去にそのサイトをあなたが訪れているから起こる現象なのです。

ワントゥワンマーケティングは、不特定多数のお客様にアプローチするのではなく一人ひとりのお客様のニーズに合わせたアプローチをするマーケティング手法ですが、Cookieを使うことで顧客の趣味や嗜好がサイトの閲覧回数や閲覧時間などから予測が可能になるために普及していきました。

ワントゥワンマーケティングのメリット

ワントゥワンマーケティングは購入につながりやすい顧客に必要な情報を提供します。
無駄がなくシンプルに宣伝ができ顧客側も迷惑と感じにくいことが特徴ですが、メリットとしては以下のものが挙げられます。

1、コストをかけないで個人に合わせたアプローチが出来る

個人に合った情報を提供することが出来るので、効果的にアプローチを行うことで顧客の購買意欲を高めることが出来ます。

従来のマスマーケティングでは自社の見込み客や潜在顧客を集客することが難しく不特定多数に大量かつコストをかけてアプローチをしてきましたが、現在では、webからのより正確な情報から見込み客にダイレクトにアプローチが可能となりました。
顧客の行動パターンや好みを知った上で営業活動が出来るので大きなメリットになりますよね。

2、売り込みを感じさせない広告を実現

基本的に、見込み客や既に商品を認知しているお客に対して売り込んでいく手法なので、
その商品を必要と考えているお客様にアプローチをかけていくために迷惑な宣伝になりにくいことが特徴です。

3、成約率が高い

ワントゥワンマーケティングは、自社サイトへの訪問回数が複数回以上のすでに接触しているお客様に対して宣伝を行うために、顧客に適したアプローチをすれば成約につながる可能性も高くなります。

ワントゥワンマーケティングで実践すべき4つの手法

ワントゥワンマーケティングの特徴がわかったとしても、具体的に顧客のニーズに合わせた宣伝をどのように行っていけばよいのかお迷いかもしれません。
ここでは実践すべき4つの手法をご紹介します。

1、ルールベース

予め決めておいたルールに従って宣伝すること。
例えば、Aという商品を買ったお客様にはこの商品と関連ある別のBという商品を推奨するなどです。

2、コンテンツベース

ある商品を購入したお客様にこれと類似するコンテンツを含む別の商品を推奨する。
例えば、靴を買ったお客様に靴クリームを推奨するなどです。特にインターネットショッピングでは商品を単体で閲覧してしまうために関連情報の提供は非常にありがたいものですよね。多くの商品を購入してもらえる可能性がありますのでコンテンツをしっかり作っていきましょう

3、協調フィルタリング

協調フィルタリングとはアマゾンで例えると、「この商品を購入した人はこんな商品も購入しています」のようにユーザーの行動や購買履歴をもとに宣伝していくというものです。
商品の関連情報という視点よりも、他の顧客の購買パターンを知らせることで協調されやて売上アップにつながる可能性もあります。

4、ベイジアンネットワーク

商品の属性やユーザーのweb閲覧履歴、購買履歴など様々な要素を基に購入確率を計算して対象者に購入確率の高い商品をおすすめするというものです。

まとめ

ワントゥワンマーケティングが、今の時代だからこそ積極的に取り入れていくべき手法かもしれません。

現代は顧客のニーズが複雑化してきましたが、IT技術の進化により顧客心理の情報も得られるようになっています。webサイトに仕組まれた機能を上手く活用することで、今まで見えてこなかった販売促進のチャンスも分かるかもしれません。

自社で設定したペルソナやターゲットに対しても、その上でワントゥワンマーケティングを実行することであなたの商品は飛躍的に購入につながることでしょう。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP