占い師を副業でやる方法と仕事内容や報酬の相場まで徹底解説!

人生という大きなスケールでも、日々の生活でも、誰もが持っている悩みの解決方法として「占い」は大変人気があります。
知人や友人に相談しにくい事でも占い師であれば相談できたり、何かを「実行すする適切なタイミング」を占いによって知る事ができます。
そんな「占い師」が近年、副業として注目されている事をご存知でしょうか。

今回は、占い師というお仕事の内容や報酬についてご紹介します。

占い師の仕事の内容は「占うこと」

占い師の仕事内容は、言うまでもなく「占うこと」ですが、少し詳しく言うと、相談者が抱える様々な悩みを、各種占術や自分自身の経験に基づくアドバイスで解決するお仕事です。
一般的なイメージだと、路上で占っているシーンが想像できるかもしれませんが、実は色々な方法があるのです。

電話で占う

電話で占います。対面占いよって生じる、「通勤」という制約を受けず、自宅で仕事ができる事がメリットです。
対面占いとの最大の相違点は「顔」が見えない事。声だけで占いをするので、お客様の表情がわからず始めは慣れない占い師もいるようです。
逆に、「対面だと緊張してしまうけれど、声だけなら大丈夫!」という方なら向いているかもしれませんね。

ネットで占う

こちらも電話占い同様、対面ではありません。メール等を用いてネットワーク上で文章でやり取りをします。
近年では、クラウドソーシングを介しての占いが人気です。
※クラウドソーシング…仕事を”依頼する人”と”受ける人”を仲介する仕組み

メリットとしては、ネット環境さえあれば自宅で一人で開業できる事
また、電話と違って「電話中に拘束」される事がありませんので、時間的に融通が効きます。
更に、対面や電話だと直接顔を見たり声を聴いたりする事になりますから、良くも悪くもお客様との距離が近くなります。
そうすると、お客様から「ネガティブな気」を被ってしまう事が多く、占い師側もエネルギーを消耗してしまう事が多いのですが、ネット占いの場合はお客様との距離が遠いので、それが軽減されます。

路上で占う

占い師といえば、路上占いのイメージが強いですよね。ネットや電話でも占いができる環境になったとはいえ、やはり直接顔を見て占ってほしいという方も一定数います。
直接顔を見て話すので、声だけ、または文章だけで相談されるよりも、相談内容の理解が深まりますので、より的確なアドバイスができる可能性が高くなります
最も大きなメリットとしては、電話やメールに比べて報酬が多い(単価が高い)事です。

しかし、当然ながら通勤が必要になってきます。また、相談者のネガティブな気に占い師自らも落ち込んでしまったりする事もあるので、影響されやすい方はトレーニングが必要にかもしれませんね。

副業占い師の報酬相場

占い師の報酬は、本人の知名度、種類、所要時間、個人の料金設定によってピンキリなので、平均的な報酬額の算出は難しいのですが、一般的な金額をご紹介します。

・電話
1回500円~1,000円と、金額は安いです。

・ネット
クラウドソーシングだと金額を自由に設定できるので、相場は1回500円~5,000円と幅広いです。ただ、料金が安ければその分依頼も増えるので、料金を安くする傾向が強く、実質1回500円程度です。

・対面式
ショッピングセンター等で行う対面式占いは1回1,000円、占い専門店だと1回3,000円が相場ですが、人気が上がってくると単価も上がり、1回数万円になる事もあります

占い師を副業で始める手順

それでは、実際に占い師を副業として始める手順をご紹介します。
特別な資格は必要ありませんが、お仕事として始める以上スキルアップは必要です。

1、占いのスキルを学ぶ

独学でも可能ですが、通信口座やスクールもありますので、自己投資と割り切って、まずはそういった所でスキルを学ぶと良いでしょう。

2、自分や友人を占ってみる

スキルアップと並行して、自分自身や友人・知人を占ってみましょう。友人・知人であっても、他人を占う事になりますので、話術が磨かれます
また、占いで友人・知人に喜んでもらえたり、実際に占いが当たれば自信が付くきっかけにもなりますね。

3、占い師としてデビュー

通信講座やスクールの紹介等でデビューしたり、有名な占い師の弟子にさせてもらいます。
もしくは、ココナラなどのクラウドソーシングに登録して、依頼を待ちます。
個人で占いサイトを開設して、依頼を待つ占い師もいるようです。

まとめ

どんなに生活が豊かになっても、どんなに生活が便利になっても、人間という生き物には悩みは尽きないものです。また、明確な「悩み」だけでなく、運勢を占ってもらう事で、その結果を自分なりに受け止めて行動に起こす事ができます。
いつの時代も需要が高い「占い師」のお仕事。

相談者の悩みを解決したり、人生の道しるべを示して喜んでもらう事ができれば、きっとやりがいも感じるはずです。
特別な資格も必要ありませんので、思ったよりもハードルは高くありません。
困っている人の役に立ちたい方、コミニュケーション能力に自信のある方は、占い師を副業として始めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP