リスティング広告とは何か?メリットとデメリットを解説

あなたが検索エンジンで何かを検索したとき、表示結果が広告があることにお気づきでしょうか。
上位に出てくる「広告マーク」に気づいていながらも、正直これがなんだかわからないかもしれません。これらはリスティング広告と呼ばれています。
今回はこのリスティング広告について、仕掛ける側のメリットやデメリットについてご紹介します。

リスティング広告って何?

リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンで任意キーワードを検索した結果、検索結果に連動して表示される広告のことを言います。

「検索連動型広告」や「キーワード広告」とも呼ばれ、集客をする時や商品を販売するときに使われます。そしてユーザーがその広告記事をクリックするごとに課金されることが特徴のため、PPC(Pay Per Click)とも呼ばれています。

広告提供者は、あらかじめ自分が出稿予定の広告を想定検索キーワードで設定します。狙ったユーザーがその広告を経由して商品を購入することを想定して配信していきます。

主な広告媒体は、Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告が有名です。

リスティング広告のメリット

リスティング広告を導入しようと検討している方向けにメリットをまとめてみました。

1、手軽に誰でも出稿できる

WEB広告のため、すぐに広告を出稿できます
Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告などの広告媒体に登録を行い、審査さえ通過すればすぐに始められます。

細かな注意点は後述しますが、リスティング広告は、予算・出稿広告・検索キーワードを設定すれば誰でも手軽に配信可能です。

2、ターゲティングしやすい

不特定多数のユーザーに対してアプローチをするのではなく、検索キーワードをもとに想定ターゲットを絞っていくため、ユーザーは検索キーワードに対する興味や関心が高い状態です。
例えば「敏感肌 化粧水」という検索キーワードを使う人向けに、医師とコラボのドクターズコスメの広告を配信したら、クリックされて購入される確率が高くなるように、ターゲティングがしやすいビジネスモデルです。

ユーザーは、もともと何かに悩んでいることが多く、その答えを求めている検索者が多いことから、成果につながる確率も高くなるのです。

3、クリック課金型でコスパよし

リスティング広告は、ユーザーに1クリックされたら課金されていく仕組みです。
そのため、出向者も1日に使う予算や、クリック単価と呼ばれる1クリックに払える費用を事前に設定することができるので無理なく出稿できます。

リスティング広告のデメリット

気軽にリスクが少なく取り組めるように感じるリスティング広告にもデメリットがあります。ここでは主にコスト面を中心にご説明します。

1、コストがかかる

少ない予算でも広告を出稿することは可能ですが、予算があるほうが大きなリターンを得られる傾向にあるため、コストをかけなければ大きな収益も見込むことができません

出稿したいと思った商材が広告単価の高い場合、資金が少ないと出稿が難しかったり、配信することが出来ない場合があります。相応の資金力があるほうが有利になります。

2、ターゲティングを間違えると予算が溶ける

リスティング広告で最も注意しなければならないのは、ターゲティングとなるキーワード選定です。
ユーザーは検索をする時に、キーワードを入力して記事を検索しますよね。リスティング広告はこの検索結果に基づいて配信されていきます。

初期段階にありがちなことですが、キーワードの部分一致からコンバージョンが取れるキーワードを探していきますので、自分の想定外のキーワードで広告が配信され続けてしまう場合があります
検索結果の最上位がこれらのリスティング広告の枠となりますが、そのことを理解していてクリックしている人が多くありませんので、無駄にクリックされてしまうのです。そうなるとあっという間に予算に達し配信終了。成果はゼロということもありえます。

このようなことを防ぐために定期的にユーザーの検索ワードを確認し、関連性の薄いキーワードを排除していくことで成果に結びつかないクリックを減らすことは可能ですが、無駄クリックをなくすことは不可能なので予算がすぐになくなってしまうことも想定した上で取り組みましょう。

3、予算次第でできることが限られる

少額からでもすぐに始められることがリスティング広告のメリットはありますが、特定商材はクリック単価が高額な場合が多いこともあり、資金力が必要となってきます。

配信時にターゲティングを行うとはいえ、クリックしたユーザーがその商品を買う確率を考えると、費用をかけて多く露出したほうが有利であることは言うまでもありません。

広告費をかけられない人はSEOで地道に

自社サイトのSEO対策が十分で検索上位表示がすでにされているのなら、費用をリスティング広告をする必要もないかもしれません。
つまり、SEO対策をしっかり行うことが出来れば多くの費用を必要とせずにユーザーに対して検索結果上位表示を通じてアプローチができるのです。

 

リスティング広告を使うメリットは、立ち上げたばかりでSEOが弱かったり、競合が多い場合に費用をかけることで検索の上位へ押し上げることが可能とも言えます。

あなたの現状のサイトのアクセス数からのコンバージョンを分析するなどして、有効な施策をとってみるのも良いでしょう。

片方しかできないのであれば、リスティング広告が有利になります。

まとめ

リスティング広告は大変魅力で現代的な広告手法です。

メリット・デメリットを理解の上、設定したキーワードの分析や見直しを定期的に行う事で
リスティング広告のメリット・デメリットを理解し、毎日の分析・改善を怠らなければ、常に質の高い、無駄の少ない、検索キーワードに沿った広告を配信することで成果も期待出来ることでしょう。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP