コスプレを副業にして稼ぐ方法とマネタイズのコツを解説!

アニメや漫画、ゲームといったオタクカルチャーの隆盛とともに、コスプレという文化も盛り上がるようになってきました。それによってコスプレイヤーというのが職業としても認知されるようになっています。この記事ではそんなコスプレを副業にして稼ぐにはどうすればよいか紹介していきます。

コスプレを副業にしてお金を稼ぐってどういうこと?

「コスプレ」とは「コスチュームプレイ」の略語で、和製英語ですが現在では世界中で通用する英単語となっています。

そんな世界に広まるコスプレですがそれを副業にしているコスプレイヤーも存在しているのです。ただしアルバイト情報サービスなどに求人が載っている訳ではないので、フリーランスのように自主的に活動して収入を得る必要があります。

具体的にいうとコスプレイヤーとしてイベントや撮影会に参加したり自分の写真集を販売することでお金を得ることが出来るのです。もちろんコスプレのクオリティが高かったり出来の良い写真を撮られるようになって人気が高まれば収入は自ずと高まっていきます。

趣味がコスプレという方であれば楽しみながら稼ぐことが出来るので一石二鳥の副業と言えるでしょう。

コスプレイヤーのマネタイズ手段

副業としてコスプレイヤーを続けるならばマネタイズの手段は必須です。この記事では「写真集」、「オフ会や撮影会」、「YouTube」の3つを代表的なマネタイズの手段として紹介します。

1、写真集を売る

自分のコスプレが載った写真集の販売ですが、大きく2つの売り方があります。一つはネットなどを利用した通信販売、もう一つはイベントで手売りするというものです。

通信販売は店舗を構えずに済むのでかなり低コストでなおかつ世界中の人に売ることが出来ますが、自身のコスプレイヤーとしての認知度が高くなければ存在しないのと一緒なので簡単には売れないでしょう。

イベントでの販売は、出店料や会場までの交通費などがかかってしまいますが、来場者はコスプレに少なからず興味を持っている人たちなのでしっかりと自分を会場でアピールすればチャンスがあります。またイベント会場にはあなたと同じようにコスプレ写真集を販売している人達がいるのでそういった人達と情報交換が出来るかもしれません。

こういった繋がりはコスプレ活動においてとても役立つので、初めのうちは是非イベントに参加しましょう。

写真集の作り方ですが、多くのコスプレイヤーは自分の表現したい世界を写真集に詰め込みます。

しかし副業としてやるならば人気のあるキャラクターをモチーフにしたり、女性であれば肌の露出を増やすなど、グラビア的な要素を出して写真集を作り売上アップを狙いましょう

また、写真集が完成する前からの広告宣伝も大事です。SNSでフォロワーを増やして写真集の発売に関する投稿を拡散してもらったり、自分の写真集で人気のあるコスプレイヤーさんとコラボしてもらったり、あるいは顔の広いカメラマンさんに撮影してもう事で情報を広めるなど、あらゆる手を使って広告宣伝する必要があります。

こういった努力の他にもコストとして衣装代、撮影場所代、カメラマン代、印刷代、出店料などもかかりますから年に何冊も写真集を出すのは大変です。

2、オフ会や撮影会を開く

オフ会や撮影会の開催は比較的手軽なマネタイズの手段と言えます。

オフ会とは普段はインターネット上でのみ繋がっている人たちがリアルで顔を合わせる会合のことです。

もちろん必須条件として自分がオフ会を主催して人が集まる程度に認知度が存在する必要がありますが、主催者としてやることは飲み会の幹事みたいなものなのでとても気軽に開催できます。会場のレンタル費や飲食物代などの必要経費に自身の儲け分を加えて参加費を設定することで稼ぐことが出来ます。

撮影会とはコスプレ撮影を趣味としている通称カメラ小僧(カメコ)さん達を集めて自分が被写体となるものです。このカメコさんたちからは撮影会費が支払われるのでそれによって稼ぐことが出来ます。

3、YouTubeで稼ぐのもあり

今流行りのYouTubeに動画を投稿してフォロワーや広告収入を得るのも一つの手段です。

現にチャンネル登録者が数十万人になるコスプレイヤーYouTuberも存在します。彼らの動画では主にコスプレをしてイメージビデオのような動画を撮影したり、あるいはコスプレに役立つメイクの方法を紹介などしています。

あるいは生放送をしてファンの人達とお喋りをしつつ投げ銭(YouTube上では”スーパーチャット”と呼ばれています)を貰うことも出来ます。

0から出発する場合は収益化出来るまで時間がかかりますが、自身のポートフォリオとしても機能しますのでフォロワーの獲得には必要な戦略だと言えるでしょう。

人気のコスプレイヤーになるポイント

副業としてのコスプレで稼ぐためには抑えておかなければならないポイントがあります。この記事では「SNS」、「イベントで認知度を上げる」、「コスト管理」という3つのテーマで紹介します。

1、SNSを活用する

コスプレイヤーとして稼ぐにはファンの存在が欠かせません。写真集を出すにしろ、撮影会を開催するにしろファンがいなければ収入は0、むしろコストが掛かるのでマイナスです。

まずはTwitterやInstagramなどに自分のコスプレ画像を載せるところから始めます。SNSは世界中で使われていますから日本人に限らずコスプレが好きそうなアカウントには積極的にフォロー、フォローバックをして繋がりを広げていきましょう。

2、イベントに参加して認知度をあげる

撮影会やコミックマーケットの様な大型の催事等、コスプレイベントはコスプレイヤーとしての活動の繋がりを増やす絶好の機会です。

ファンの獲得は勿論のこと他のコスプレイヤーさんやカメラマンさん達と知り合うことで次の収入のチャンスが得られるかもしれません。

また、自身の顔が広くなってきたらイベントを主催してみてもいいかもしれません。いきなり大きな会場を貸し切るのではなく、数人のコスプレイヤーと共に小さな会場で撮影会やオフ会、イベントを催すのです。

3、コスプレのコストを管理する

お金を掛ければ掛けるほど人気は出やすいのかもしれませんが、副業として考えるならば適切なコストを管理して継続的に活動したいものです。

コスプレイヤーとしての活動でかかるコストの最たるものは衣装代でしょう。自作するか購入するかで10倍近く値段が変わります。また購入しても営利目的での使用は認めていない場合があるので注意が必要です。

写真集の場合、撮影場所にも注意が必要です。一箇所だけの撮影で完結する写真集は稀で、大抵3~10箇所ほど回ることになります。更にスタジオも営利目的での使用はNGのことがあります

公共の場所での撮影なら周りの迷惑にならないことにも気を付けましょう。

写真集を実際に出版する場合、多く刷る方がコストは下がりますが、いきなりそんなに刷っても大量に在庫を抱える可能性が高いので、自身の人気度と兼ね合わせて発行部数を考えましょう。

コスプレで稼ぐのが難しい理由

コスプレを副業にする方法について紹介してきましたが、しっかりと稼げるコスプレイヤーというのは一部です。多くの人は衣装代を賄う程度です。

撮影会等のイベントを毎週行い20万円以上稼ぐ、という事も可能かもしれませんが、毎週やっていればファンも飽きてきますので継続的な収入になるとは言えません。

それと初心者コスプレイヤーに注意が必要なのが”甘い言葉”で「写真集を作りませんか」と誘ってくるカメラマンです。

特に売れる写真集を作るために女性コスプレイヤーに”脱ぐ”事を求める人がいます。

撮影料として数万円貰えたとして、その写真集が大ヒットしても歩合給は貰えないどころか広く世間に拡散するリスクがありますので甘い言葉には細心の注意を払いましょう。

まとめ

コスプレを副業とするにはSNSやイベントでしっかりとファンを獲得し、コストを抑えて写真集を出したり撮影会の様なイベントを主催しなければなりません。

それでも大きく稼げるのは一部のトッププレイヤーですが、趣味の一環として衣装代やイベント出店料の一部を稼ぐ事を目的とするならば出来ないことはありません。

そして甘い言葉や無理な出費にはしっかりと注意しましょう。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP