ブルーオーシャン戦略のメリットデメリットと見つけるコツを解説!

企業が継続して発展していくためには、新たな市場の開拓や顧客の発掘が必要となっていきます。

同時に慎重なマーケティング戦略やリサーチも欠かせません。

ブルーオーシャン戦略を採り入れると、未開拓の大きな可能性を秘めた市場を開拓することが可能となり、大きなビジネスチャンスを得ることができます。

ここでは、ブルーオーシャンのメリットやデメリットと、市場を見つけるためのコツをご紹介します。

あなたの新たなビジネスの可能性を探っていきましょう。

ブルーオーシャン戦略ってなに?

ブルーオーシャン戦略とは、競合企業がいない市場でビジネスをする戦略を意味します。

ここでは、ブルーオーシャン戦略を導入する際に理解をしておきたい言葉の意味を1つずつ解説していきます。

ブルーオーシャンの意味

ブルーオーシャンは青い海と訳されますが、これを経営用語では、競争のない青い海(市場)として使用しています。

競争相手がいない、新しい市場は様々な未知なる可能性を秘めているという考え方で、フランスの欧州経営大学院の教授であるW・チャン・キムとレネ・モボルニュの著書『ブルー・オーシャン戦略』により提唱された戦略になります。

ブルーオーシャンに対する「レッドオーシャン」とは?

レッドオーシャンは赤い海、つまり競争が激しく血まみれの市場という意味で使用されています。

競争が激しい市場でも資本力や企業体力があればシェアを拡大することでき生き残ることが可能ですが、すでに飽和している市場では市場の拡大には期待が出来ない可能性があります。

つまりパイの奪い合いなのです。

とはいってもレッドオーシャン戦略では、ブルーオーシャン市場で成功を収めた場合にレッドオーシャン市場へ変化させることでシェアの拡大を見込むこともできるという戦略もあります。

ブルーオーシャン戦略がなぜ必要とされるのか?

ブルーオーシャン戦略が必要とされる理由は、近年のITによる技術革新により、私達の生活が劇的に変化しました。

イノベーションは私たちに新たな価値を生み出し、より便利な生活をもたらしました。

例外なくビジネスの世界でもインターネットやSNSにより、新規参入が困難であった業界、顧客に対してもダイレクトにアプローチが可能となりました。

この変化はブルーオーシャンが誰でも簡単に見つけられチャンスが到来したということでもありますが、同時に消費者の行動や価値観が多様化したため販売戦略が複雑化しています。

従来のような既存手法では、長期的な売上や利益確保が難しくなっているために新たな価値市場を探して長期的な売上・利益確保を目指さなければ生き残ることが難しい時代に突入したためにブルーオーシャン戦略が必要とされ始めました。

ブルーオーシャン戦略のメリットとデメリットを解説

ブルーオーシャン戦略にも、メリット・デメリットが存在します。

企業の属性や攻めていく業界のジャンルによっては適切ではない場合もあります。

メリット1:高単価で攻められる

ブルーオーシャン戦略で一番のメリットは、高利益をもたらすことが可能なことです。

独占市場の場合は、自社製品を高単価で販売をしても売り続けることができます。

高くても他では買うことができない商品やサービスの場合はなおさらです。

価格決定権を自社が確保しているということは、販売の上で有利な状況に導くことが出来ます。

メリット2:先行者利益を獲得できる

先行者利益とは、市場へ参入する時期が早いもののみが獲得できる利益や権利のことです。

ブルーオーシャンの開拓には資金や労力が必要にはなりますが、独自のルートを作っていくことによって他社が参入する際に権利収入を得ることも可能です。

後から参入してくる企業よりも有利な条件で商品やサービスの販売が出来る、仕入が出来るなど、先行者利益が多岐にわたりますが、最初に開拓をしたもののみが恩恵を受けることが出来るのです。

デメリット1:ライバルに見つかると競争に発展

もちろんブルーオーシャン戦略にはデメリットも存在します。

自分だけの市場が他社に見つかるのは時間の問題であるという点です。

長期的な投資や施策、多くの経営資源の投入が必要な戦略にも関わらず、近年のイノベーションの登場や、後発者利益により容易に市場へ参入され、競争に発展してしまうリスクがあります。

特にイノベーションを必要としない商品の場合は、後発者がより良い商品やサービスを安価で行った場合、あなたが開拓した市場はあっさりと奪われてしまうことがあります。

デメリット2:マーケティングスキルが必須

ブルーオーシャン戦略は、誰も注目していなかった潜在的な市場へ参入することになるために、商品やサービスに対して高付加価値をつけることが前提です。

さらにその商品を顧客へ認知させ、世間へ広めるためにマーケティング知識が不可欠です。

良いものを作ってもそこにニーズがない、顧客がいなければ戦略も失敗に終わってしまいますので、必要最低限のマーケティング戦略を立てる必要があります。

ブルーオーシャンを見つける考え方のコツ

ここではブルーオーシャンを見つけるための考え方のコツ、市場の特徴をご紹介します。

・既にある商品の代替産業・補完サービスに注目する

売れている商品の類似品を販売する、補完するサービスを提供することは成功への近道ではありますが、ここでは今までに経験のない異業種に向けての代替が可能かどうかを検討することがポイントです。

・価値の転換

商品やサービスに付与された価値は、機能的価値と感性的価値のどちらか、もしくは両方が備わっています。

ここに注目することで差別化ポイントを見つけることが出来ます。

その差別化ポイントの価値を大きく転換します。

例えば今までは子供向けの商品を大人向けに転換する等、機能的価値を取り入れると新たな顧客を獲得することが出来るように視点を変えること、俯瞰して市場を見ていくことがポイントです。

既に成功している、成熟しているレッドオーシャンから少し視点を変えるだけで新たに開拓する市場が見つかることもありますので、まずは身近な既存の商品やサービスをより多く知ることが近道かもしれません。

まとめ

ブルーオーシャン戦略には参入への時間も労力もかかりますが、見つけてしまえばあなただけの独占市場となり大きな利益をもたらしてくれることでしょう。

既存の市場で、ブルーオーシャンを少しでも多く見つけることにより、あなたが参入できる市場の開拓を見つけることが出来るかもしれません。

企業の生き残りのためにブルーオーシャン戦略を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP