コンテンツマーケティングってなに?メリットとデメリットを解説

コンテンツマーケティングは、2013年から徐々に注目され始めたWEBマーケティング手法です。

年々導入する企業が増えているため既に言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

ここでは、コンテンツマーケティングの意味から、導入する際のメリット・デメリットについてまとめました。

コンテンツマーケティングって何?

コンテンツマーケティングとは、「読者にとって価値のあるコンテンツの制作や発信を通して、見込み顧客のニーズを育成し、商品の購入してもらうことで最終的には自社商品やサービスのファンとして定着させることを目指す一連のマーケティング手法」のことです。

ポイントは「価値あるコンテンツの制作」「見込み顧客のニーズを育成=顧客を育成」「ファン化する」ことです。

従来のように、ニーズが顕在化している顧客をターゲットとするのではなく、潜在顧客に対して段階的にアプローチを行い、顧客との距離を縮めていくためのコンテンツを作成する必要があります。

コンテンツマーケティングのメリットとは?

コンテンツマーケティングにはメリットがたくさんあります。

正しいアプローチ方法で潜在顧客へアプローチをすることで、メリットを最大限に生かすことができるでしょう。

1つずつご紹介します。

広告宣伝費のコストをカットできる

従来資金力が少ない企業は、テレビCMのようなマス広告の宣伝手法を取り入れることが出来ませんでしたが、このコンテンツマーケティングでは、資金力や規模に関係なく顧客へアプローチが可能となりました。

なぜならコンテンツマーケティングは、従来のようなフロー型の広告ではなく、コンテンツの蓄積によって効果が期待できるためです。

1つ1つのコンテンツの要所要所で顧客にアプローチを行い、距離を縮めていくからです。

つまり、コンテンツが蓄積されることによって顧客が自ら自社のメディアへ接触してくれるようになります。

そのため、従来のような売り込み型の宣伝手法よりも費用対効果が高いと言われています。

LTV(ライフタイムバリュー)が高い

LTV(ライフタイムバリュー)とは、顧客生涯価値という意味で使われます。

コンテンツマーケティングによって自社の商品やサービスのファンとなった顧客は、長期間に渡るリピート購入にも期待が出来ます。

自社に対してのロイヤリティを育成することも可能です。

従来の売り込み型広告のように、印象は強くはありませんが、長期的な視点で自社商品やサービスを深く理解してもらえるためにLTVの効果が高いといわれています。

全国・全世界を相手に商売が出来る

オンラインマーケティングのメリットは、何といっても商圏に制限がないことです。

 

新聞・TVのようなマス広告を使って全国区へアプローチをする場合、数千万から数億円規模の広告宣伝費が必要となるために、資金力がないと導入が難しい状況でした。

また報道の規制などもあり、全世界へアプローチをすることが難しかったのです。

それに対し、コンテンツマーケティングは国内のみならず全世界へ情報を発信することができます。

そして自社メディアだけではなく、SNSでの拡散も見込まれますので、商売の規模に制限がなく大きな効果が期待できます。

コンテンツマーケティングのデメリット

メリットばかりに感じるコンテンツマーケティングにもデメリットは存在します。

あなたがもしコンテンツマーケティングの導入を検討している場合、以下は避けて通ることができない懸念点になるかもしれません。

結果を出すまでに時間と手間がかかる

コンテンツマーケティングは「蓄積効果」があると先ほど述べましたが、1つのコンテンツだけで完結する、つまり商品やサービスを売り出すような方法ではありません。

 

例えば、1投稿目は商品の説明ではなく(その商品が解決できると推測する)悩みを解決する一般的なお役立ちコンテンツを作成します。

次にその悩みを解決するためにこんな商品があるよと認知させる…等、1つ1つ段階を踏みながら、顧客との距離を縮めていくために設計段階から入念に準備をする必要があります。

コンテンツマーケティングの特性上、コンテンツが蓄積された段階で効果を発揮していくために、作成する時間がかかる上、導入時期には特に手間もかかります

集客からセールスまで自分でやらないといけない

コンテンツマーケティングを実施する上で一番の難所は集客です。

 

まずは潜在顧客を集客しなければ、いくら良いコンテンツを作成してもペルソナが異なったり、そもそも顧客がいなければ効果を発揮することができません。

集客に使われる方法は、コンテンツSEOによる検索エンジン対策や、自身のメルマガ・SNSで行うことが多いかもしれませんが、集客からセールスまでを自分で行う必要があります

もしあなたに予算があるならば、インフルエンサーに依頼をすることで集客の手助けになる場合もありますが、結局そのあとは自分の力でセールスしなければなりません

まとめ

消費者の行動は年々変化しています。従来のような企業の一方的な呼びかけでは反応しなくなってきました。

 

顧客も様々なメディアを利用して自分で商品選定を行うようになったためです。

そんな時に有効なマーケティング手法がコンテンツマーケティングです。

成功すれば顧客自らが消費行動を起こしてくれるでしょう。

上記のメリットデメリットを把握した上で、貴社のマーケティング戦略に取り入れてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP