アウトソーシングってなに?メリットとネットビジネスでの活用法を解説

近年企業間では業務のアウトソーシング、外注化がますます活発化しています。

ネットビジネスでも活用されているクラウドソーシングも話題ですよね。

企業も個人も、誰でも気軽に業務を外部から調達できる環境が整ってきましたので、

アウトソーシングする上で得られる効果や自社へのメリットについてまとめました。

アウトソーシングとは?

アウトソーシングとは、本来業務を外部から調達することを意味します。

企業の外から調達する業務のすべてをアウトソーシングと呼びますが、最近では人材に付随する業務をアウトソーシングと呼ぶケースが増えてきました。

少し前までは、経理・税務のような専門業務を専門家へアウトソーシングをすることが主流でした。

また企業へ派遣される社員も高度な専門スキルを持ち合わせていることが多かったのです。

しかし、近年では均一化された業務、つまり事務作業や単純業務をアウトソーシングする傾向が強くなってきました。

カスタマーセンター、人事部の福利厚生や給与計算関係、データ入力などマニュアルがあれば誰でも取り組むことができる業務を外部へ委託するケースが多くなりました。

そのため近年の派遣社員は専門的なスキルを要求される機械が減り、単純作業を正確に早くこなす求人が多くなっています。

例外なくインターネットビジネスを行う個人も業務のアウトソーシングを利用する方が増えてきています。

自分がやらなくても良い仕事は外部委託をし、コアとなる本業へ集中するスタイルが現在の主流といっても過言ではありません。

アウトソーシングがもたらすメリット

アウトソーシングを取り入れるとどのようなメリットが生じるかを一緒に考えてみましょう。

自分が対応するよりも、自社で人材育成をするよりもアウトソーシングをするほうがよい理由が明確にあるのです。

1、教育コストの削減

自社で人材を育成するには大変な時間とコストがかかります。

ようやく一人前に育ったかと思ったら社員の退職等でいざという時に頼りにならない場合も想定されます。

アウトソーシングを取り入れればすでに教育された人材へ業務を依頼することが可能ですし、

何よりアウトソーシングの委託企業はその業務の専門知識を持っていますので高品質な仕事をしてくれることでしょう。

特にスピード感を求められる企業の場合は、自社で人材を育てるよりもアウトソーシングで時間効率と業務の精度を上げていかないと

本業に支障をきたす場合もありますので、ここで得られた時間を使って自社の社員を別の仕事に注力させていきましょう。

2、雇用コストの削減とリスク回避

アウトソーシングを取り入れると、期間限定採用も可能です。

新卒採用や中途採用の育成に時間と手間をかけるよりもアウトソーシングをして専門家へ委託したらあっさり終了となる場合もあります。

例えば時代の流れの早いIT業界で、全社員を同じスピード感で育成することは難しいですが、

外部から必要なスキルを持っているアウトソーサーとスポット契約をすることで、

自社社員が5人で対応する業務を1人のアウトソーサーが短時間で処理をしてくれるなんてことはよくあります。

3、効率化・スピードアップ

ルーティン業務をアウトソーシングすることで自社の社員がより創造性や工夫の必要な業務に時間を割くことが可能となります。

さまざまな種類の業務に取り組むことも必要ですが、時間とコストには限りがあります。

うまくアウトソーシングを行い、自社社員がコア業務に集中することで付加価値を生み出すことも可能になるかもしれません。

何より仕事の流れを止める作業を減らすことで、効率化とスピードアップにつながるのです。

4、肥大化した組織のスリム化ができる

日本の昔ながらの大企業では、自社社員が管理する必要がないような業務も未だ多くあります。

例えば社員の出張時の航空券予約や労働組合のリゾート施設予約など、

自社社員ではなく旅行を専門としているアウトソーサーへ委託したほうが品質も向上するはずですよね。

自社社員がやらなくてよいにも関わらず、アウトソーシングを行う事で肥大化した組織を縮小することが可能となります。

他にもバックオフィスと呼ばれる経理・総務・人事・情報システムなどは専門家へ依頼することで人員も削減でき、

専門性も高められるため大きなメリットとなります。

ネットビジネスにおけるアウトソーシング

ネットビジネスに取り組んでいる方がアウトソーシングを導入するとどのようなメリットがあるでしょうか。

ここではクラウドソーシングと呼ばれる各社の特徴をと紹介します。

クラウドワークス

ランサーズと並ぶ国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

ジャンルも案件も多く仕事を委託しやすく継続雇用も可能です。

仮入金システムを利用していることもあり、請負側も安心して仕事ができるメリットがあります。

まずはここを押さえておきましょう。

ランサーズ

現在国内ナンバーワンのクラウドソーシングです。

クラウドワークスと比較して企業からの依頼が多いため、受注額はダントツトップです。

WEBデザインやWEB制作などに強いクライアントが多いことが特徴で、案件もクラウドワークス同様豊富ですので、登録することをお勧めします。

シュフティ

Shuftiと呼ばれるクラウドソーシングはアウトソーサーが主婦の方です。

主に記事の執筆やデータ入力などの事務作業、内職関係が多めです。在宅業務が初めての方や子育て中の主婦が多く、

真面目な方が多いと評判ですが、専門性を求めるとクラウドワークスやランサーズより劣る印象ですのでこちらは副サイトとして使い分けをお勧めします。

まとめ

自分の仕事を外部へ委託する、外部から業務を調達するとなると難しいことのように感じてしまうかもしれませんが、

自分が苦手とする仕事を得意な人に委託することで余力が生まれると新たなビジネスに時間を割くことが可能になります。

企業だけでなく、今では手軽に個人間で業務委託が可能な時代です。

ネットビジネスに取り組んでいる方は、業務効率化のためのマクロやツールも少ない費用で作成してくれるため、

是非取り入れて作業時間を最短にしていきましょう。

The following two tabs change content below.

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP